ネットワーク診断システムの研究

ネットワーク診断システムの研究

インターネットのサービス異常は,一部利用者の集中攻撃によるサービス停止から,多数の利用者のアクセス集中による応答時間の増加, 動画通信やIP電話におけるサービス品質の劣化,ルータ等の設定誤りによる経路障害など,様々な形で現れます.インターネットが社会基盤 としての役割を担い始めてきたため,これらのサービス異常が社会生活にも大きな影響を及ぼすようになってきています. 本研究では,このような状況を踏まえて,インターネットを系統的かつ定常的に観測して,インターネットの状態を理解し易い形で可視化するとともに, サービス異常の前兆を捕らえ,異常を回避,あるいは,異常からの速やかな回復を可能にする方式の基盤技術の開発を目指しています. さらに,ネットワーク全体のアクセス制御方針をセキュリティポリシーとして宣言的かつ形式的に記述できるようにし, このセキュリティポリシーに基づいて,ネットワークアクセスに対する制御,監視,診断の機能の設定を検証するシステムの実現を目指しています.

研究テーマ

過去の研究

  1. スケーラブルパケットキャプチャシステム(SPACE)の研究
  2. ネットワークアクセス監視機能の設定検証システムの研究

研究成果

学術論文誌
国際会議
国内ワークショップ
研究会
全国大会・支部連合大会
受賞等

TOPへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。