ネットワーク診断システム 研究成果

学術論文誌

  • Subana Thanasegaran, Yuichiro Tateiwa, Yoshiaki Katayama, Naohisa Takahashi: A Mapping Mechanism for Periodic Filters in a Conflict Detection System for Time-Based Firewall Policies, International Journal of Computer Science and Network Security, Vol. 12, No. 4, pp.29-36 (2012/4).
  • Thanasegaran Subana, Yuichiro Tateiwa, Yoshiaki Katayama, Naohisa Takahashi, : A Topology-Based Conflict Detection System for Firewall Policies using Bit-Vector-Based Spatial Calculus, IJCNS: International Journal of Communication Network and System Sciences, Vol.4, No.11,pp.683-695, 2011/11.
  • Thanasegaran Subana, Yi Yin, Yuichiro Tateiwa, Yoshiaki Katayama, Naohisa Takahashi: Design and Implementation of Conflict Detection System for Time-based Firewall Policies, JNIT: International Journal of Next Generation Information Technology, Vol.2, No.4, pp.24-39, 2011/11.
  • Fang Jing, Raghuvel S. Bhuvaneswaran, Yoshiaki Katayama, Naohisa Takahashi: AODV-based multipath routing protocol with preferential path selection probabilities. IJWMC 3(3): 156-164 (2009).
  • Fang Jing, R.S.Bhuvaneswaran, Yoshiaki Katayama and Naohisa Takahashi: On-demand multipath protocol with adaptive routing method by back propagation neural networks, International Journal of Communication Networks and Distributed Systems (IJCNDS) Vol. 3, No. 1, pp.15-35 (2009).
  • Yi Yin, Yoshiaki Katayama and Naohisa Takahashi, “Detection of Conflicts Caused by a Combination of Filters Based on Spatial Relationships,” IPSJ Journal, Vol. 49, No.9, pp. 3121-3235 (2008).
  • Yi Yin, Kazuaki Hida, Yoshiaki Katayama, Naohisa Takahashi, “Implementation of Filter Reverse Search System based on Spatial Relationships of Filters, ” Journal of Convergence Information Technology, Vol. 3, No. 2, pp.6-12 (2008).
  • Fang Jing, R.S.Bhuvaneswaran, Yoshiaki Katayama and Naohisa Takahashi, “Adaptive Route Selection Policy Based on Back Propagation Neural Networks.” JOURNAL OF NETWORKS (JNW), Vol. 3, No. 3, pp. 34-41 (2008).
  • R. S. Bhuvaneswaran, Yoshiaki Katayama and Naohisa Takahashi, “A Framework for an Integrated Co-allocator for Data Grid in Multi-sender Environment,” EICE Transactions on Communications, Vol. E-90-B, No. 4, pp.742-749 (2007).
  • 大須賀怜,片山喜章,高橋直久,”近似機能を有する空間分割型パケット分類器”,情報処理学会論文誌,Vol.47,No.4, pp.1195-1208 (2006).
  • 尾池健二,片山喜章,高橋直久,”ポリシーリフレクターを用いたネットワークアクセス検査機能の設定検証システム,” 電子情報通信学会論文誌 DI,Vol.J88-DI, No.11, pp.1622-1633 (2005).
  • Naohisa Takahashi, “A Systolic Sieve Array for Real-time Packet Classification,” IPSJ Journal, Vol.42, No.2, pp.146-166 (2001).

国際会議

  • Yin, Yi,Xu, Jiangdong,Takahashi, Naohisa,Verifying consistency between security policy and firewall policy by using a constraint satisfaction problem server, 2011 International Conference on Future Wireless Networks and Information Systems, ICFWI 2011, Lecture Notes in Electrical Engineering, LNEE 144, Vol.2, pp.135-145, Dec. 2011.
  • Yi Yin, Xiaodong Xu, Yoshiaki Katayama, Naohisa Takahashi: Inconsistency Detection System for Security Policy and Firewall Policy. ICNC 2010, pp. 294-297 (2010).
  • Subana Thanasegaran, Yuichiro Tateiwa, Yoshiaki Katayama, Naohisa Takahashi, “An Improved conflict detection system for Time-Based Firewall Policies,” Proc of 19th IEEE Intl conference on Computer Communication and Networks, ISSN 1095-2055, Swiss, Aug 2010.
  • Subana Thanasegaran, Yuichiro Tateiwa, Yoshiaki Katayama, Naohisa Takahashi, “Simultaneous Analysis of Time and Space for Conflict Detection in Time-Based Firewall Policies,” Proc of 10th IEEE Intl conference on Computer and Information Technology, pp.1015-1021, Bradford, June 2010.
  • Subana Thanasegaran, Yi Yin, Yuichiro Tateiwa, Yoshiaki Katayama and Naohisa Takahashi, “Topological Approach to Detect Conflicts in Firewall Policies,” International Workshop on Security in Systems and Networks, Proc. of 23rd IEEE International Parallel and Distributed Processing Symposium, SSN-1569173665-paper-3.pdf (2009).
  • Fang Jing, R. S. Bhuvaneswaran, Yoshiaki Katayama and NaohisaTakahashi, “Dynamic Route Selection Policy Protocol in MANET,” Proc. of IEEE 21st International Conference on Advanced Information Networking and Applications, Niagara Falls, Ontario, Canada 21-23 May 2007, Vol. II, pp. 673-678 (2007).
  • Fang Jing, R. S. Bhuvaneswaran, Yoshiaki Katayama and Naohisa Takahashi, “Multipath Routing Selection Strategies in Wireless Mobile Ad-Hoc Networks,” Proc. of IEEE International Conference on Signal Processing Communications and Networking 2007 (ICSCN 2007), Chennai, India, 23-24 Feb. 2007, pp.117-121 (2007).
  • Yi Yin, R. S. Bhuvaneswaran, Yoshiaki Katayama and Naohisa Takahashi, “Analysis Methods of Firewall Policies by using Spatial Relationships between Filters,” Proc. of IEEE International Conference on Signal Processing Communications and Networking 2007 (ICSCN 2007), Chennai, India, 23-24 Feb. 2007, pp.348-354 (2007).
  • Yi Yin, R. S. Bhuvaneswaran, Yoshiaki Katayama and Naohisa Takahashi, “Infering the Impact of Firewall Policy Changes by Analyzing Spatial Relations between Packet Filters,” Proc. of 2006 IEEE International Conference on Communication Technolog, Guilin, Chaina, 27-30 Nov 2006, IEEE Communications Society (2006).
  • R. S. Bhuvaneswaran, Yoshiaki Katayama and Naohisa Takahashi, “Coordinated Co-allocator Model for Data Grid in Multi-sender Environment,” Proc. of 4th International Conference on Service Oriented Computing, Chicago, USA, 4-7 Dec. 2006, ACM SIGsoft and SIGweb (2006).
  • Fang Jing, R. S. Bhuvaneswaran, Yoshiaki Katayama and Naohisa Takahashi, “On-demand Multipath Routing Protocol with Preferential Path Selection Probabilities for MANET,” Proc. of IEEE 20th International Conference on Advanced Information Networking and Application, Vol. 2, pp.759-762 (2006).
  • R.S.Bhuvaneswaran, Y.Katayama and N.Takahashi, “Redundant Parallel Data Transfer Schemes for the Grid Environment,” Proc. of 4th Australasian Symposium on Grid Computing and e-Research (AusGrid 2006) , pp. 71-78 (2006).
  • R. S. Bhuvaneswaran, Yoshiakai Katayama and Naohisa Takahashi, “Dynamic Co-allocation Scheme for Parallel Data Transfer in Grid Environmen,” Proc. of 1st International Conference on Semantics, Knowledge and Grid (SKG2005) , pp. 178-188 (2005).
  • Yi Yin, Yoshiaki Katayama and Naohisa Takahashi, ”Implementation of Packet Filter Configurations Anomaly Detection System with SIERRA,” LNCS 3783 (Proc. of 7th International Conference on Information and Communications Security (ICICS2005)), pp.467-480 (2005).
  • Fang Jing, R. S. Bhuvaneswaran, Yoshiaki Katayama and Naohisa Takahashi,” A Multipath On-demand Routing with Path Selection Probabilities for Mobile Ad Hoc Networks,” Proc. of 2005 International Conference on Wireless Communications, Networking and Mobile Computing (WCNM2005) (2005).

国内ワークショップ

  • 井上和哉,立岩佑一郎,片山喜章,高橋直久,複数のIDSを用いたログ解析によるネットワーク診断システムについて,マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2014)シンポジウム 論文集, pp.461-475, Jul.2014.
  • 中村陸,片山喜章,高橋直久, “フィルタリングポリシをトラヒック特性に適応させる機能を有するパケットキャプチャシステム,” 電子情報通信学会第18回データ工学ワークショップ(DEWS2007)論文集, B7-1 (2006).
  • 肥田和明,片山喜章,高橋直久,“複数ネットワークアクセス検査装置を有するLANのためのフィルタ逆引きシステムの実現,”マルチメディア,分散,協調とモバイルシンポジウム(DICOMO2006), pp. 905-908 (2006).
  • 蟹江弘士,片山喜章,高橋直久,“協調型アクティブモニタリングシステムの設計と実現,”マルチメディア,分散,協調とモバイルシンポジウム(DICOMO2005), pp.765-768 (2005).
  • 尾池健二,片山喜章,高橋直久,セキュリティポリシーのリフレクター機能を有するアクセス制御整合性検査システムの実現,マルチメディア,分散,協調とモバイルシンポジウム(DICOMO2004), pp.81-84 (2004).
  • 加藤和夫,大須賀怜,高木淳史,片山喜章,高橋直久,“スケーラブルパケットキャプチャシステムの実現,”インターネットテクノロジーワークショップ (WIT2003),日本ソフトウェア科学会, pp.32-39 (2003).

研究会

  • 村上侑多, 金鎔煥, 立岩佑一郎, 片山喜章, 高橋直久, “ネットワーク構築演習におけるルータ監視システムの実現とトポロジー推定機能への応用”, 2017年ネットワークシステム研究会, pp.229-234, 2017/03.
  • Subana Thanasegaran, Yi Yin, Yuichiro Tateiwa, Yoshiaki Katayama and Naohisa Takahashi, “BISCAL: Bit Vector Based Spatial Calculus for Analyzing the Mis-configurations in Firewall Policies,” IEICE Technical Report, IA2008-65, pp.101-106 (2009).
  • 肥田和明,片山喜章,高橋直久,“ステートフルファイアウォールを有するLANのためのフィルタ逆引きシステムの実現,”電子情報通信学会情報ネットワーク研究会IN2007-153, pp. 65-70 (2008).
  • 中村陸,片山喜章,高橋直久, “トラヒック特性に基づく近似機能を有する空間分割型パケットキャプチャシステム,” 電子情報通信学会技術報告情報ネットワーク研究会, IN2006-48, pp. 79-86 (2006).
  • 大崎真幹,片山喜章,高橋直久,”状態遷移図に基づく分散アプリケーションの動作監視システムの設計と実現,” 電子情報通信学会技術報告情報ネットワーク,IN2005-143, pp.1-6 (2006).
  • 蟹江弘士,片山喜章,高橋直久,“協調型アクティブモニタリングシステムの実現と評価,”電子情報通信学会技術報告情報ネットワーク,IN2005-155, pp.73-78 (2006).
  • 尾池健二,片山喜章,高橋直久,明石修,丸山充”大規模ネットワークにおけるネットワークアクセス検査機能の設定検証システムの実現と評価,電子情報通信学会技術報告情報ネットワーク,IN2005-149, pp.37-42 (2006).
  • 高木淳史,片山喜章,高橋直久,“内容と数量に基づくパケット選択プロセッサの実現と評価,”電子情報通信学会技術報告情報ネットワーク,IN2004-196, pp.65-70 (2005).
  • 大須賀怜,片山喜章,高橋直久,”トラヒック特性に基づく近似機能を有する高速パケットキャプチャ”,情報処理学会研究報告,2005-DPS-121, pp.57-62 (2005).
  • 大須賀怜,加藤和夫,片山喜章,高橋直久,”高速パケットキャプチャのための選択近時機能を有する空間分割型パケット分類器の実現と評価,”情報処理学会研究会報告,2003-DSM-31, pp. 91-96 (2003).
  • 高木淳史,加藤和夫,片山喜章,高橋直久,“内容と数量に基づくパケット選択プロセッサの設計と実現,”情報処理学会研究会報告,2003-DSM-31, pp. 97-102 (2003).

全国大会・支部連合大会

  • 蔵永武将, 金鎔煥, 立岩佑一郎, 片山喜章, 高橋直久, “状態遷移に基づいたTCPパケット分類器について”, 2017年電子情報通信学会総合大会 通信講演論文集2, pp63, 2017/03.
  • 村上侑多, 金鎔煥, 立岩佑一郎, 片山喜章, 高橋直久, “ネットワーク構築演習におけるルータ設定内容及びコマンド実行内容収集システムの提案”, 2016年電子情報通信学会総合大会, 2016/03.
  • 中村聡希, 片山喜章, 金鎔煥, 高橋直久, 立岩佑一郎, “フィルタ逆引き機能を有するファイアウォール編集システムの提案”, 2016年電子情報通信学会総合大会, 2016/03.
  • 大脇裕也, 立岩佑一郎, 片山喜章, 高橋直久, “ネットワーク学習者支援のためのパケット可視化システムについて”, 2015年電子情報通信学会総合大会, pp.82, 2015/03.
  • 西尾圭史, 立岩佑一郎, 片山喜章, 高橋直久, “コンフリクト検出機能を有するファイアウォールフィルタ編集システムについて”, 2015年電子情報通信学会総合大会, pp.244, 2015/03.
  • 大見浩明,立岩佑一郎,片山喜章,高橋直久,”フロークラスター記述言語を有するネットワークトラヒック検査システムの提案”,情報処理学会第74回全国大会,4X-5,2012/3.
  • 青木滋,立岩佑一郎,片山喜章,高橋直久,”侵入検知機能を用いたフロークラスタ診断システム”,情報処理学会第74回全国大会,4X-6,2012/3.
  • 長谷川皓一,立岩佑一郎,片山喜章,高橋直久,”LAN接続機器の配置図管理補助システムの実現について”,情報処理学会第74回全国大会,4X-8,2012/3.
  • 大見浩明,立岩佑一郎,片山喜章,高橋直久,“IPパケットフローチェイン可視化システムの実現”,平成22年度電気関係学会東海支部連合大会,セキュリティD2-3(2010).
  • 熊谷禎芳,立岩佑一郎,片山善章,高橋直久,“階層化セキュリティポリシを用いたファイアウォール設定支援システム”,平成22年度電気関係学会東海支部連合大会,セキュリティD2-7(2010).
  • 殷奕, 片山喜章, 高橋直久,“セキュリティポリシーとファイアウォールポリシーの不整合検査手法について,”電子情報通信学会2009年総合大会講演論文集,A-7-12 (2009).
  • Subana Thanasegaran, Yuichiro Tateiwa, Yoshiaki Katayama, Naohisa Takahashi,“Detection of Conflicts in Time-Dependent Firewall Policies,” 電子情報通信学会2009年総合大会講演論文集,A-7-13 (2009).
  • タナセガラン・スバナ,殷奕,片山喜章,高橋直久,“フィルタの空間的関係解析のためのビットベクタ型空間計算法,”平成20年度電気関係学会東海支部連合大会,セキュリティ基盤技術0079 (2008).
  • 高橋直久,片山喜章,R.S. Bhuvaneswaran,“データグリッドのためのポリシーベースの協調モデル”第23回日本ソフトウエア科学会大会,「情報爆発」特別セッション,1A-3,9月13-14,東京大学 (2006).
  • 尾池健二,片山喜章,高橋直久,明石修,丸山充”階層的ネットワークのためのネットワークアクセス検査機能の設定検証システム,平成17年度電気関連学会東海支部連合大会,(2005).
  • 大須賀怜,片山喜章,高橋直久,”近似的空間分割型パケット分類器の不要パケット低減法”,平成16年度電気関連学会東海支部連合大会論文集,pp.390 (2004).
  • 殷奕,片山喜章,高橋直久,”SIERRAを用いたパケットフィルタ設定ファイルの比較システム”,平成16年度電気関連学会東海支部連合大会論文集,pp.409 (2004).
  • 大須賀怜,加藤和夫,片山喜章,高橋直久,”高速パケットキャプチャのための選択近時機能を有する空間分割型パケット分類法”,平成15年度電気関連学会東海支部連合大会論文集 (2003).
  • 高木淳史,加藤和夫,片山喜章,高橋直久,“内容と数量に基づくパケット選択プロセッサの実現法,”平成15年度電気関連学会東海支部連合大会論文集 (2003).

受賞等

  • 平成20年度情報処理学会東海支部 学生論文奨励賞,スバナ・タナセガラン,A Topological Approach to Detect Conflicts in Firewall Policies
  • 電子情報通信学会インタネットアーキテクチャ研究会 学生研究奨励賞,スバナ・タナセガラン BISCAL: Bit Vector Based Spatial Calculus for Analyzing the Mis-configurations in Firewall Policies
  • 平成20年度IPSJ論文船井若手奨励賞,殷 奕,Detection of Conflicts Caused by a Combination of Filters Based on Spatial Relationships
  • 平成18年度情報処理学会東海支部 学生論文奨励賞,殷 奕,Inferring the Impact of Firewall Policy Changes by Analyzing Spatial Relations between Packet Filters
  • 平成17年度情報処理学会東海支部 学生論文奨励賞,尾池健二 ポリシーリフレクターを用いたネットワークアクセス検査機能の設定検証システム

TOPへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。